それは捨てないで!Vol3.みかんの皮

みかんの皮の巻

冬は炬燵(こたつ)で蜜柑(みかん)。
うちには炬燵はない! ってお家も増えたことでしょうが、でも、やっぱりおひさまをいっぱいに浴びて育ったミカンはおいしいですよね。ミカンを食べるときは、できれば中袋ごと食べるほうがいいんですよ。繊維質がたっぷりとれて、便秘の予防・改善に役立ちます。
さて、中袋は食べたとしても、皮は食べませんよね、フツー。ミカンを食べれば、皮が残ります。残った皮は、あたりまえですけど、ゴミ箱にポイ。でも、待って! ミカンの皮って、使えるんです。役に立つんです、けっこう。

漢方ではミカンの皮を乾燥させたものを「陳皮」と呼んで、健胃、保温、去痰などに用います。鍋に陳皮5グラムと水を1カップ入れてとろ火で半量に煮詰め、おろし生姜を小さじ1加え、茶こしで漉すと「姜橘茶」ができます。風邪のひきはじめに飲むと体があたたまりますよ。じつは、ご家庭にある七味唐辛子のなかにも入っているんですよ、陳皮。よ縲怩ュ見てみてください。黄色い粒々が入っているでしょ。それが、陳皮です。
ワックスのかかってないミカンの皮なら、自家製の入浴剤ができます。よく洗って、できれば天日で干して細かく刻んで、ガーゼの袋などに入れて浴槽に。体があたたまりますし、なにより、とってもさわやかなよい香りがして癒されますよ。ミカンの皮をよく洗って、電子レンジで30秒ほどチンすると、電子レンジのいやなにおいが消えます。乾かしたミカンの皮は入浴剤にしてもよし、かわいい小皿などに入れてテーブルの上において、しばらくほのかな香りを楽しむもよし、です。

ARCHIVES

  • ナデシコクッキングとは?
  • 毒出しフーズできれいな毎日!
  • Kitchen Studio Aoyama Kitchen
  • 高濃度水素サロン Salon de H
  • Silver Accessory
  • おすすめリンク集
  • カラダの中からキレイになろう!!ARCHIVES