それは捨てないで!Vol8.すいかの皮の巻〜その1

夏といったら、花火に、浴衣に、すいか!だよね。
夏休み。よ〜く冷やして、縁側で種をプップッって飛ばしたりして、わいわい食べる。
夕涼み。遠くに上がる花火をみながら、彼とふたりで食べる。 さて、すいかを食べると、皮が残ります。けっこうかさばります。捨てちゃいますか? もう、おわかりですよね。捨てちゃいけないんです。みずみずしくって、おいしいんですから。
昔、夏休みにおばあちゃんの家なんかに行くと、すいかの皮をお漬けものにしてあったりしませんでしたか。緑色のかたい部分をむいて、拍子木に切って塩を揉み込んで密閉容器に入れて1昼夜。絞ってから七味唐辛子を少々ふっていただきます。
砂糖、酢、醤油、ごま油などに漬け込むと中華風になります。塩をして水気を絞ってキムチの素に漬け込むとちょっとカクテキみたいな韓国風に。細く切って塩昆布と和えたり、昆布茶と和えたりしても、鰹節&醤油で和えたりしても、おいしい箸休めができます。
どれも、すいかを食べたらそのまま、加熱しないでぱっぱと作れるものばかり。どうぞお試しくださいませ。

ARCHIVES

  • ナデシコクッキングとは?
  • 毒出しフーズできれいな毎日!
  • Kitchen Studio Aoyama Kitchen
  • 高濃度水素サロン Salon de H
  • Silver Accessory
  • おすすめリンク集
  • カラダの中からキレイになろう!!ARCHIVES